ロータリーの森

水と酸素を生むロータリーの森の由来

1995~96年度RI第2570地区 ガバナー 故金子千寿氏の発案により、地区大会の記念事業の一環として、秩父市・横瀬町の境界に当たるこの地に、友情の架け橋として第2570地区全クラブの市町の木が植樹され、水と酸素を生む美しい森として誕生しました。(詳細の場所は、このページ下部にGoogleマップで掲載しております。)
以後、毎年4月には各クラブの方々のお手伝いを頂いて、森の維持管理を行っております。

現在のロータリーの森(2017年撮影) 

入り口に設置された看板

看板の裏には当時の植樹クラブ名が

休憩場所(東屋)

東屋に設置された植栽案内図
各クラブの木の位置を掲示させていただいております


こんな感じで、各クラブの木に名札をつけています

奥に見えているのは「姿の池」です

中には、こんなおしゃれなネームプレートを付けているクラブもあります

羊山公園から見下ろしたロータリーの森

隣りにある「姿の池」です。農業灌漑用の貯水池です。

秩父ロータリーの1900回例会記念植樹もあります

創立50周年記念碑も同地にあります

羊山公園から見た、秩父市役所。盆地であることがよくわかります。
右上には公園橋も見えています

ロータリーの森奉仕活動

毎年、春先に各クラブの皆様にもお集まりいただき、沢山の方々のご協力の下、ロータリーの森の清掃と整備を続けております。
1996年より続けられているこの活動は、2570地区の皆様のおかげです。
ありがとうございます。


 
 
 



故金子千侍ガバナーの趣意書全文



ロータリーの森の位置(GoogleMap)